塩原温泉へ2泊3日!宿は『ホテルおおるり』と『まじま荘』

20代後半のころから温泉旅行が好きで、よく1人で温泉旅行に出かけている

やっぱり冬と言ったら雪を眺めながらの露天風呂ですよね。

ということで、今回は栃木県の塩原温泉に行ってきました。

東京駅~那須塩原駅

東京から那須塩原駅まで在来線で約3時間、面倒だったので奮発して新幹線(約1時間)に乗って行きました。

かっこいい緑色の新幹線です。名前知らない(;´Д`)

一人旅で大切なのは何といっても雰囲気作り!まずは東京駅の弁当屋『祭』で弁当を買いました。

 

弁当は、『常磐街道 味めぐり』

中身はこんな感じ。具材が多くて下のご飯だけではとても足りない!

那須塩原駅に到着

駅について衝撃を受けました!!今日は1月17日だというのに、雪がどこにもない!!

雪を感じながら露天風呂入りたかったのに、/(^o^)\ナンテコッタイって感じ

 

1番のバス乗り場から塩原温泉行のバスに乗り約1時間、山に入るまでほぼ雪はありません。車で行けば旅費浮いたかな・・・。

塩原温泉到着

山に入ってからの川が本当にすごい!写真に収めようとしたけど、バスのガラスがめちゃくちゃ汚れてて良い写真は撮れず、残念。

ちなみに塩原温泉に来たのは人生2度目。1度目は、17年の7月です。

ではここで突然ですが、夏の塩原と冬の塩原を同じ構図で撮った大変貴重な写真があります。

 

夏は、緑が生い茂っていて、キャンプやピクニックに最適。

冬は、温泉が気持ちいい季節。

 

同じ場所を違う季節で来ると全く違った風景が楽しめて好きなんです。

塩原温泉街散策

チェックインまでに時間があり、どこかで時間つぶしをしたいと思い、塩原温泉では『とて焼き』なるものが有名の様です。

グーグルマップで調べたら、オシャレな名前のカフェが有ったので、まずそこに行ってみることにしました。

SUZUの森café★5

めっちゃ雪降ってる。駅前なんだったんだ…

塩原温泉に行ったら絶対に絶対に立ち寄らなければいけない暖かいお店。

店に入るとストーブが2つ付けられていてすごく暖かかった。

 

店に入って店主の第一声が

店主「温泉むすめ!ですよね!!!

僕「??????(おんせん…え?何?)」

店主「温泉むすめじゃないですか?」

僕「(おんせん娘って何…?)」

僕「あ、僕そういうオタクっぽいの好きそうに見えます?」

店主「あ、いえ、みなさん温泉むすめで来られる方が多いので…」

僕「あ、はぁ…?」

 

とりあえず、注文した『ストロベリーなんたらかんたらのとて焼き』が来た!

 

最初は温泉むすめって聞いて変なアレかな?ってちょっと誤解した。

塩原温泉がさびれてお客さんが来なくなることを危惧して温泉むすめを使ってお客さんを呼び込もうって努力しているみたい。

温泉好きの僕は正直こんなキャラいなくても来るけど、確かに若い人を呼び込むには良い作戦だと思う。

 

まじでここの店主さんは温泉むすめに対する情熱がすごい!

左の画像はほぼ売り物ではなくて、お客さんが他の温泉に行って買ってきたものをこの店に置かせてもらっているって話。

じゃあ僕も他の温泉行ったら買ってきますって言ったけど、温泉むすめがいるような他の温泉に行けてないなぁ。

焦がしカスタードのどっかの店★1

金輪際行かないであろうお店。

1つストーブが置いてあるが火は付いておらず普通に寒かった。

 

僕「これ店やってるのかな?」

僕「すみませーん!×3…」

僕「…いないのかな?」

ドタドタドタ階段を下りる音。

僕「あ、いたか。」

店主「はい、何ですか?(不機嫌そうな顔)」

僕「とて焼き1つ頂きたいのですが。」

店主「○○円です。(不機嫌そうな顔)」

金払った…

店主「はい。(不機嫌そうな顔でとて焼きを手渡す)」

 

接客業やりたくないなら辞めちまえ!それかSUZUの森caféさん見習えよ!

蕎麦屋★4

おいしかった。カスタードの店で嫌な思いしなかったら最高だったんだろうな。

足湯★3

塩原温泉 ホテルおおるりのレビュー★2.5

客の質の所為で★2.5だが、店が悪いわけではない。

ゴミ客が居なければ★3.5はある。

部屋良し・風呂良し・接客良し・値段良し。宿を選ぶポイントで重視したいのが、この4つなら『塩原温泉 ホテルおおるり』で間違いありません。

まずはお部屋から見ていきましょう。

ホテルおおるりの1人6,600円の10畳和室(本館)326号室の角部屋

お部屋が空いていたということで、別館6600円で予約していたところ、7150円の本館にお値段はそのままで泊めてくれるということでした。めっちゃ親切!

部屋全体きれいでした。安いから不安だったけど全く問題なし。

 

部屋からの景色と室外機

宿の情報サイト大手どこだっけ?のレビューに「ホテルおおるりの室外機の上に鳥の糞が散乱していた。」という書き込みが有ったので、調べてみた結果全然そんなことはなくむしろすごくきれいでした。

ホテルおおるりの貸切露天風呂(予約制)

七福神がテーマになっていて7つ露天風呂があります。僕は福禄寿乃湯に当たりました。

雪が降っていると、貸切露天風呂に行くまでの道が凍っていてツルツルなので気を付けてください。

中に入ったら戸締りします。灯篭が雰囲気を醸し出します。

 

さらに扉を抜けると、脱衣所+貸切露天風呂がお目見え。僕以外誰もいないので写真撮らせていただきました。

朧月が最高

 

禿げたじじい 七福神の福禄寿と一緒に温泉に浸かれます。夜景はこんな感じ。立たないと見れないけど…

しかもおおるりの貸切露天風呂の何がすごいって、宿泊客だけじゃなくて日帰り温泉としても入れるってところです。

45分で500円タオル付。定員男女1名ずつらしいよ。

彼女と来たら最高だろうな。あんなことやこんなこと…まぁ7つ露天風呂並んでるから即バレしそうだけどね。

ホテルおおるりの夕食・朝食

クオリティは低めですが、忘れてはいけません。1泊6,600円です。十分豪華なご飯です。

左側が夕食で、焼肉・肉のサラダ・刺身・巨峰サワー(1杯)以外はバイキング方式になります。ご飯・みそ汁・カレー食べ放題です。

朝食は完全なバイキングです。みそ汁もあります。

この他にもお金を別途払えば、アワビ1匹1,100円で水槽にて待機しています。

塩原温泉 ホテルおおるりのデメリット

格安ホテルということで、はっきり言うと客の質が最悪です。

具体的に書くと、廊下などで大声でべらべら喋って邪魔だったり、露天風呂の外に向かって痰を吐いていたりといったことです。本当に最悪胸糞悪くなりました…

ホテル側が悪いわけではないので、ホテルの評価は変わりませんが、安いというメリットで残念なデメリットを生んでしまっています。

記念日やお祝いなどで宿泊を予定している方は、このホテルではなくもう少し値段の張るホテルを選択して頂いたほうが良いです。

まじま荘のレビュー★3.8

1泊13,200円くらいだった、はず。

この宿を選んだ理由は何となく「おおるり」よりもちょい高い宿に泊まってみたかったからです。

高いだけあってお客さんの質も上で書いたホテルより良かったです。

まじま荘のお部屋

 

部屋から見える川

夕食・朝食

食事の差もやはり出ますね。夕食にはシャインマスカット3粒+ショートケーキのデザートが付きました。

 

夕食時に他のお客さんが、僕に対して「お先に失礼いたします。」とおっしゃいました。これすごくね?客の質最高かよ?

6,000円ちょいでここまで良くなるのかぁ~と思った。

まじま荘の温泉

露天風呂がもう少し広かったら最高だった。

軽装で雪道を歩いてホテルに向かうのは絶対に避けるべき1選

  • 余裕で死ねる

雪国育ちではない僕が、雪を舐めて2キロ(マップ上で所要時間45分)くらい余裕で歩けるだろと思い、軽装で雪が積もった道を歩いてまじま荘に行こうとして死にかけた話をします。

結局所要時間の2倍の90分掛けて2キロを歩きました。

結論:雪が積もってたら素直に送迎を呼べ

冬の塩原温泉に車で行くときの注意点

今回僕は車ではなく公共の移動手段で来ましたが、送迎してくれた運転手さんが乗物で来るときの注意点を話して下さったので、ここに書いておこうと思います。

4シーズンタイヤのBMWでは立ち往生したお客さんがいたらしく、冬専用のスタッドレスで来るべきだって言ってました。

塩原温泉からの帰宅&まとめ

まじま荘で送迎してくれた運転手さんから聞いたのですが、天気予報は栃木のものではなく新潟のものを確認すべきだと言っていました。

今後、冬に温泉とかキャンプに行くときは気を付けようと思う。

 

那須塩原駅の新幹線乗り場にホールケーキが5,000円くらいで売っていました。いや、さすがに高いだろうと思い、東京駅で買おうと決めたのですが…

 

 

東京駅の方が高かったってオチです。