【Columbia Saber】Sanjia Model K603b フルメタルシースナイフのレビュー

Amazonランキング上位に激安のナイフが売っていて、切れ味が気になったので購入して性能をチェックしてみようと思い買いました。 よぺ ( @yopenoatorie ) です。

 

2000円台で買えて最強のコスパで、それなりの1本!

 

切れ味にこだわりがあり、できるだけ安く!」という人への候補をあげたいのが、Columbia Saberの「Sanjia Model K603b フルメタルシースナイフ」です。

 

刀身が黒く、形もめちゃくちゃかっこいいナイフです。

 

そんなわけで本記事では、「Columbia Saber Sanjia Model K603b フルメタルシースナイフのレビュー!激安でなんでも切れるキャンプ用ナイフ」について書きます。

 

 

メリット
  • 激安!
  • かっこいい!
デメリット
  • やや重い
  • リンゴが潰れる

フルメタルシースナイフの概要

 

製品名Sanjia Model K603b
重量
(ナイフ本体 / 鞘合計)
約239g / 約270g
刃体素材ステンレス鋼
ハンドル材質アルミニウム合金
全長26cm
刃体長さ14cm
刃の厚み4mm
刃の形状スピアポイント

 

重量はナイフ単体で約239g、鞘込みで約270gとかなりの重量感。

 

フルメタルシースナイフのレビュー

「Columbia Saber Sanjia Model K603bフルメタルシースナイフ」は、厚みがあり強度が高いナイフなのでバトニングに適しています。

本来の目的とは別の果物や野菜・パンも切ってみたので見てみてください。

バトニング用に

バトニングとはナイフを用意て薪割をする方法です。

フェザーステック用に

フェザースティックとは、枝に火が付きやすいように薄く裂くことです。ロマンです。

果物を切る用に

イチゴを切るのに必要なのは、そう潰さないこと!切れ味のあるナイフなら潰れずに切れるはず。

 

リンゴの皮むきに必要なのは、そう僕の腕!ナイフの切れ味に頼ってはいけない(;´Д`)

これはリンゴが悪いんだろ?断面は凸凹になってしまいました。きれいに切りたい方は、ぜひ果物ナイフをご購入下さい。

野菜を切る用に

大量の長ネギの小口切りが欲しかったんです。

トマトとベーコン・チーズをパンに挟んで潰しながら焼くと美味しいですよね。

生肉を切る用に

豚バラ肉は切りにくかったですが、普通の包丁でも切りにくかった印象。

パンを切る用に

シャウエッセンドッグを真っ二つに切ってみました。中のソーセージまできれいに切れました。僕の腕です(*´ω`*)

 

これほどのコスパの良さで、可もなく不可もなくの切れ味なら満足の一品です。

 

フルメタルシースナイフはこんな人におすすめ

Sanjia Model K603bは、「切れ味にこだわりがあり、できるだけ安く!」という人におすすめです。

 

若干重量感が有り気になるところですが、バトニングはもちろんのこと、果物・野菜・パンなども切れることを最高のコスパを提供しています。

 

刃の厚みがあるためリンゴなどの果物は潰れてしまいますが、バトニングに関しても申し分ない力を発揮するナイフと言えるでしょう。

フルメタルシースナイフレビューのまとめ

本記事では、「Columbia Saber Sanjia Model K603b フルメタルシースナイフのレビュー!激安でなんでも切れるキャンプ用ナイフ」について書きました。

 

Columbia Saber Sanjia Model K603bは、激安な価格ながら、弱点らしい弱点もない、使い勝手のいいキャンプ用フルメタルシースナイフです。

 

安さだけではない品質の良さもありました。

 

よぺ ( @yopenoatorie ) でした。

メリット
  • 激安!
  • かっこいい!
デメリット
  • やや重い
  • リンゴが潰れる